家族でお見送り・・・

e0225144_11284366.jpg


チャッピーが虹の橋に向かった翌日は
親しい友人がお別れに来てくれて、チャッピーの昔話をしながら賑やかに過ごしました。

e0225144_11331563.jpg


↑大好きなおねえちゃんと何を話しているのかな??


チャッピーが亡くなる数日前に、夫は『いざという時』のために
あちこち、ペットの火葬をしてくれるところに問い合わせをしてくれました。

私が住んでいる東京・下町では
ペットが亡くなった時は、両国・国技館(大相撲の・・・)近くの
回向院というところで火葬・埋葬する事が多いです。
チャッピーのお友達わんちゃんたちもみな、そこに眠っているので
私も回向院に連れて行くつもりでいました。

ところが、夫の話によると
両国・回向院の電話の対応が、ひどく事務的であったと・・・。
それで、千葉県・市川市にある回向院の分院に問い合わせをすると

『まだわんちゃん、生きておられるのでしょう?
 それだったら、今は亡くなった時の事を心配しないで
 一生懸命看てあげて下さい。
 わんちゃんというのは、飼い主さんがガンバレ!と思えば
 本当に頑張るものなんですよ。
 もし、急に亡くなったとしても心配いりませんよ。
 お腹に保冷剤を抱えさせれば、1~2日は大丈夫ですから
 それからお電話下さってもいいんですよ。』

そんな風に言って頂けて、夫は迷わずここに決めたそうです。

そして、亡くなった翌々日に回向院・分院に行きました。

e0225144_1149818.jpg


ここは動物の火葬はすべて個別で行われています。
なので、家族みんなでお別れした後に自分たちの手でカマに入れます。
そして2時間ほど待ってからお骨上げです。
その2時間くらいの間、お経をあげてもらったり
お寺の庭を散策したりして過ごしました。

e0225144_1157863.jpg


↑はなみずきの花がキレイに咲いていました。
チャッピーも見たかな?

e0225144_12453.jpg


そうして、チャッピーが我が家から姿を消して55日経ちました。
私の心もだいぶ落ち着いて
前ほど涙を流す事もなくなりました。

チャッピーが一番似合っていたエルモちゃんのアップリケのついた
黄色いお洋服は、いつも私の枕の横に並べて寝ていたのですが
今ではすっかり枕カバーと化しております(笑)

ちょっと前までは『悲しみ』や『喪失感』でいっぱいだったけれど
今は『チャッピー!本当にありがとう!』という気持ちになれました。

今もチャッピーの事を考えない日など1日とてありませんが
チャッピーが教えてくれた事、遺していってくれた事、
それは、私の胸だけにきざみつけておこうと思います。

姿かたちはなくっても、チャッピーはいつもココにいてくれます。
お座りをして、じっと私の目を見て
尻尾をフリフリして・・・。
[PR]

by wanwan-memory | 2011-06-17 12:24 | お別れ・ありがとう!

<< ご報告です。 チャッピーの49日 >>