カテゴリ:neneの独り言( 21 )

一人、思う。

昨日の記事で
ラテ坊がお散歩中に、夫を探して
鳴いた事を書きましたが
今日はその続きで、私が思った事を勝手きままに書いてみようと思います。

昨日の出来事からもわかるように
私は犬にも『感情』というものがあると思っています。

先住犬であった亡きチャッピーは
私と夫がちょっと大きな声で話をしていると、ケンカをしているんじゃないかと
間に入って来てオロオロした様子で
私と夫の顔を交互にのぞきこみながら
前足でチョイチョイしましたし

またある時は、私がつまらない事でメソメソしていると
すぅっとそばに来て、身体をピタッとくっつけてくれました。
まるで『心配すんなって、大丈夫だからさ。』
って言っているような空気を作ってくれて私を慰めてくれました。

それは、家族の一員として相手を思いやる『心』に他ならないと思います。

そんな優しい『心』を持った犬を

『こんなはずじゃなかった』
『飼ってみたら違ってた』
『こんなに毛が抜けるなんて聞いてなかった』
『こんなに手がかかるなんてもうムリ』

そんな勝手な理由で愛犬を手放す人が
なんと多い事か。

温かく迎えてくれる次の飼い主さんを
必死に探すという努力もせず
保健所に持ち込む人もいます。

そういう人たちは
犬に『感情』とか『心』があるなんて
思っていないのでしょうね。
知っていたら、そんな事出来るわけない。

ゲームなんかのバーチャルな世界に住む動物じゃないんだから
生きていれば、毛も抜けるし
爪だって伸びる。

イタズラもするし、鳴いたり吠えたりもする。

もちろん排泄だってする。

だって生きているんだから当たり前だよね。

そんな事が、飼育放棄の理由には
ならないし、してはいけない。
…と、私は思う。

犬は飼い主を選べない

飼うと決めた以上、
一度飼った以上、
その小さな命を大切に守って育んでいかなければならないのが人間の役目。

もしもラテ坊が何かの間違いで保健所に持ち込まれてしまい
冷たいコンクリートの檻の中に閉じ込められたら…と想像するだけでゾッとするし、
涙が出そうになるくらい、
呼吸出来なくなるくらい悲しい。

『パパ~ママ~お姉ちゃん~
ボクなんでここにいるの~?
早くおうちに帰りたいよ~!』

絶対、そう思って鳴きまくるに違いないです。

今も年間に何万頭もの犬猫が殺処分されているという現実に
私たち人間は目を背けていてはいけないと思います。

ペットショップ 殺処分

ペット販売業界に身を置いている方には申し訳ないと思うけれど
ペットショップでは保健所に持ち込まれた犬猫も販売するようなシステムを作ってほしいと思うし
子犬や子猫のみならず、成犬や成猫も販売対象になるようにしてほしいと思うんですよね。

そういう事業をしてくれる優良ペットショップは免税されるとかね。

そうすれば、無理な繁殖が少しでも抑えられるんじゃないかと思うし
その無理な繁殖のために、先天的な疾患を持って生まれてしまう事も防げると思うし。

つい先日、近所の緑道公園で
福島の原発近くで生まれたという
生後10ヶ月のワンちゃんとお友達になりました。

名前はラッキーちゃん、和犬Mixの子です。

飼い主さんは女性の方ですが
その方は、ご兄弟と共に福島に出向き
それぞれ1匹ずつ引き取っていらしたそうです。

ラッキーちゃんは、とても優しい目をした穏やかなワンちゃんです。

実は、ラテ坊のお母さんも福島の保護犬で…と話をしたら

『あら~そうだったの、故郷が同じだなんて嬉しいわ、仲良くして下さいね。』

と言って頂き、私も嬉しくなりました。

福島にも、いまだたくさんの犬猫ちゃんたちが新しい家族が迎えに来てくれるのを待ちながら暮らしています。

1人の力で出来る事は小さいけれど
その小さい力がたくさんあったら
犬猫だって人間だって、みんなが幸せになれると思います。

…なんて、今日はちょっと偉そうな記事になってしまいましたね。
ごめんなさいm(_ _)m

私のつたない戯言を(しかも長々と)最後までお読み下さってありがとうございました。
[PR]

by wanwan-memory | 2012-11-10 02:11 | neneの独り言

読書の秋です~(゚∀゚)

秋深し~隣は何をする人ぞ

はい、neneは秋の夜長を読書して過ごしております。
何を読んでいるかと言うと・・・

e0225144_12525051.jpg


カーミングシグナルの本でしたぁ~♪
お友達ワンちゃんのネロちゃんママさんから教えて頂きました。

どんなワンちゃんでも、最初はみんなシグナルを使えるのだそうです。
でも、生活環境などによってシグナルを出しても無駄だとわかると
だんだんシグナルを使わなくなってくるそうです。

ラテ坊がもし、シグナルを出しているなら
そのシグナルの意味を知りたいなぁ~と思ったし
私がシグナルをキャッチ出来たり、何か発信出来れば
言葉を持たないラテ坊とより深い絆を持てるんじゃないかなと思いました。

Amazonで注文して、届くまでに1ヶ月くらいかかりましたが
待ってて良かった(^_-)-☆

写真入りで初心者の私でもとてもわかりやすいです。

とても薄い本なので、あっという間に読み終えてしまいましたが
大事なところは繰り返し何度も読んでいます。

それから・・・カーミングシグナルについてとても参考になるサイトがこちら↓↓↓
ドッグウォーカー博士のスローライフ

毎日、更新されていますが
『カテゴリー』の中から、『カーミングシグナル』とか『お散歩』とかを選んで
読むのもおすすめです。

(ちなみに、ラテ坊のハーネスはこちらで購入しました。)

こんな感じで、カーミングシグナルについて勉強中のneneですが
最近、お散歩中のラテ坊を見ていると
『あ!今シグナル出してる!』って発見する事があります。
そうなるとお散歩も、とても興味深くなってきますね。
もっともっと勉強して、シグナル上手な飼い主さんになりたいと思います。


【おまけ】
e0225144_13393858.jpg

先日、お友達からお誕生日のプレゼントに頂きました。
字が小さくてメガメかけてもなかなか・・・(笑)
これを読んだらfacebookの達人になれるかしら・・・??
[PR]

by wanwan-memory | 2012-10-12 13:42 | neneの独り言

母の日に…

日曜日は母の日でしたね(^-^)

日頃『お母さん』を頑張っていらっしゃるみなさま!
サプライズはおありでしたでしょうか?

neneはちょうどその頃
熱を出して寝ていました(^o^;)

家事も仕事もお休みして
『あ~ぁ、なんとしょぼい母の日056.gifだろう…』
と思っていたら…

e0225144_1245929.jpg


↑ 長女からスイムウェアのプレゼント!
(おばさんが足腰鍛えるにはプールが一番らしいです。)

e0225144_12472918.jpg


↑ 次女からは、neneが大好きなカラーのポロシャツのプレゼント!

(広げてみたら、どうみてもneneのサイズとちゃいますねん!)

3ヵ月で7キロの減量したら、カッコ良く着れるらしいです(-_-;)マジかよ…

そしてそして~
我が家の次男坊【ワンパク王子】からはこんなプレゼントですよ!

e0225144_12525578.jpg


↑ 緑道公園で拾ったまつぼっくりと小枝です。

(プレゼントというよりは、口にくわえたのを取り上げただけなんですけど…笑)

たまには『お母さん』が寝込むのも
悪くないな~と
密かに思いましたv(。・・。)うしし…

熱も下がり、元気復活したneneは
さっそくドッグランに行って来ました!

e0225144_134446.jpg


ラテ坊が元気に走る姿を見るのが
neneの一番の薬ですよ!

e0225144_1365017.jpg


さあ~て!
今日も元気に『お母さん』するぞ~!
p(´∇`)q ファイトォ~♪
[PR]

by wanwan-memory | 2012-05-17 12:36 | neneの独り言

チャッピーの命日

e0225144_174865.jpg


4月23日はチャッピーの命日でした。

チャッピーの大好物だった『鶏の唐揚げ』をお供えして
お線香をあげました。

写真左上のお花バスケットは
ハナちゃん♪ママさんから、チャッピーにと頂きました(^v^)
(ハナちゃん♪ママさん、ありがとうございました。)

きっとチャッピー、喜んでいると思います。
嬉しいね、チャッピー♪



あっという間の1年だったような
もう何年も経ってしまったような・・・そんな不思議な感じです。

どの写真をアップしようかと探していたら
その時その時の懐かしい思い出と共に
私のそばには、いつもチャッピーがいました。
時間を忘れてしばし、見入ってしまいました(´▽`)


e0225144_1272589.jpg


やっぱりこの写真が一番好きです。

優しい子でした。
特に躾らしい躾などはした覚えもなく
『おすわり』と『お手』と『自分で玄関を開けて外に出る』事くらいしか芸は出来なかったけど
家族の事が大好きな子でした。

ラテ坊のように、お友達と仲良く遊べる子ではありませんでした。
でも、良く考えてみたら
そうゆう風に育てる事が出来なかったのですね、私自身が。

チャッピー育てをしていた頃は
自分の娘たちもまだ幼くて、子育ての真っ最中だったし
お店の仕事も一生懸命でした。

またその頃
時を同じくして、娘たちはバレーボールを始めたので
そちらの父母としての活動にもかなり力を入れていました。

そんな風だったので
私はいくら時間があっても足りなくて
チャッピーがご飯よりも大好きだったお散歩さえ早く帰りたくて
『あ~この時間があったらあれが出来るのにな~』とか
いつも思いながらのお散歩でした。

今思えば、ひどい飼い主ですね。

ラテ坊とお散歩するたびに
『ママ・・・僕の時とずいぶん待遇が違うじゃない!』って
チャッピーが怒っているだろうな~って思います。

ごめんね、チャッピー(-_-;)

チャッピーのお骨はまだしばらく、手元に置いておこうと思っています。
いつかは土に返してあげなければならないですが
自分の気がすむまでは、そばにいてほしいです。

姿形は見えなくても、声が聞こえなくても
やっぱり私にとっては大事な可愛い長男ですから(´▽`)
[PR]

by wanwan-memory | 2012-04-28 02:02 | neneの独り言

明けましておめでとうございます!

みなさん、明けましておめでとうございます

昨年中は大変お世話になり、ありがとうございました。
今年もボチボチとマイペースでブログを綴っていくつもりです。
どうぞよろしくお願い致します。

さてさて、毎年の事ながらドタバタな年末年始を過ごしたneneです(笑)
そんな中でもほっと笑えるシーンがありましたよ。



ラテ君、大晦日に妹のハナちゃん♪とまたまたご対面しました(^v^)
相変わらず賑やかで激しく、近くを通りかかった人がビックリして立ち止まるくらいのハイパーぶり。

e0225144_13182378.jpg


怖いですねぇ~ラテ君のお顔。。。

そうそう、ラテ君は12月26日にフロントラインをしに動物病院に行って来ました。
体重13,7キロ Σ(゚д゚lll)
でも、身体のバランスがとってもいいと獣医師の先生からお褒めに預かりました。

「良くお散歩されていますね~爪を切る必要がありませんよ」
そう言って頂きました。

でも、診察台のラテ君、
尻尾が股の間にスッポリ入り、ブルブル震えて超ビビっていましたよ(@_@。
はい、動物病院が大嫌いです。
笑っちゃいます!


【ハナちゃん♪コーナー】

e0225144_13291655.jpg


ヒョウ柄のバンダナが似合っていますよ、ハナちゃん♪
おしゃべり大好きなハナちゃん♪は、お正月もママさんと仲良く女子会していたそうです('∀`)

e0225144_13324571.png


↑↑↑ こんな笑顔するんだね、ハナちゃん♪ 可愛さ満点だよ。

【シェリーちゃん♪コーナー】

e0225144_13344445.png


ストーブの前でまったりだね、シェリーちゃん♪
ラテ君もいつもストーブの前に陣取ってお昼寝するよ。一緒だね!

e0225144_13373224.jpg


まふもふシェリーちゃん♪ 初めてのお正月はどうだったかな?


【ビビット母さん♪とスニージーちゃん♪コーナー】

e0225144_13404486.jpg


↑↑↑ はい、みんなのお母さんビビットちゃん♪ですよ。
優しい目をしたビビット母さん、みんな会いたいね。

e0225144_1342641.png


↑↑↑ スニージーちゃん♪ いつもビビット母さんを独り占めでいいなぁ~!

【ラテ君♪コーナー】

e0225144_1344191.jpg


e0225144_1344568.jpg


↑↑↑ 暮れにお姉ちゃんに買ってもらった赤いお洋服。。。
せっかく買ってもらったのに、お洋服大キライなラテ君です。
無理やり着せると、こんな風にソファーの上から動かなくなります。
「ご飯」も「おやつ」も「お散歩」さえも拒否ってます(笑)

最後に【チャッピー♪コーナー】です。

e0225144_13503246.jpg


↑↑↑ おととしのお正月、シマウマの着ぐるみを着たチャッピー♪です。

去年の今頃。。。チャッピーの介護が始まったばかりで不安いっぱいのneneでした。
色々な老犬介護に関するサイトやブログを読み漁っていたのもこの頃です。

目は見えなかったけど、毎日ゆっくりゆっくりお散歩したね。
ご近所さんから「よっ!チャッピー!頑張れよ!」なんて、良く声かけてもらったね。

あの頃。。。その4ヶ月後に最愛のチャッピーとのお別れが来るなんて夢にも思わなかったし
ましてや1年後のお正月には、新しい家族のラテ君と一緒だなんて考えもつかなかったな。

思えば、色々あった去年だったけど
ラテ君との出会い、そしてそれに伴って兄妹犬のご家族との出会いがあった事で
私自身、前に進めたような気がしています。

(きっとチャッピーが私の背中を押してくれたんだな~)

ありがとうね、チャッピー♪♪

やっぱりこのブログのタイトルから「チャッピー」は外せないな(^v^)
[PR]

by wanwan-memory | 2012-01-04 14:15 | neneの独り言

近況報告です(*´∀`*)

我が家の新しい家族【ラテ君】を迎える日が、あと2日に迫りました。

掃除が苦手(というか、嫌い)な私ですが
ラテ君の住居になる場所だけは、せっせとお掃除しています。

お掃除の最中に「えっ?なんでこんなとこに?」というようなところに
チャッピーの毛を見つけた時、突然涙がポロポロこぼれました。
もう吹っ切れたと思っていたのに、自分でもびっくりでした。

チャッピーが寝たきりになってから
身の回りの世話をする道具(コットン、シリンジ、目薬、スプーン、ビニールといった小物類)を、
取り出しやすく使いやすいように並べていたトレーがあったのですが
チャッピーが亡くなって何日経っても、それだけはどうしても片付ける事が出来ずにいました。

でも、ラテ君を迎えるにあたり
思い切って処分しようと思い立ち、ゴミ袋片手にいざ・・・!
と思った瞬間、またポロポロ('A`)

「チャッピーに会いたい・・・」 しみじみそう思いました。

チャッピーの事を【思い出】として宝箱にしまう事はなかなか難しいです。

ラテ君が我が家にやってきたら
可愛過ぎて、忙し過ぎて
そんなふうに思わなくなるのかな。
泣いたりしなくなるのかな。

でも、私は忘れない。
チャッピーのにおいも、触った時の感触も、キラキラ光る瞳も・・・

e0225144_43347.jpg


夢の中でもいいから会いたいよ、チャッピー。
[PR]

by wanwan-memory | 2011-07-17 04:05 | neneの独り言

倒れた日からの事③

今日はチャッピーが寝たきりになってからの色々を書こうと思います。


チャッピーは、寝たきりになってから『目やに』がひどくなりました。
特に右目がひどかったです。
真っ白な目やにが目を覆ってしまうようになりました。

何とか取ってあげたいと思い、綿棒を水で濡らしてそぉ~っとそぉ~とやってみるのですが
目を傷つけてはいけないと恐る恐るの作業で、なかなかうまくいきませんでした。

それで、動物病院に連れて行った時に先生にお願いしてとってもらいました。
さすがに先生です(笑)
コットンをぬらしてすぅ~っと取ってくださいました。

『はぁ~スッキリした』 チャッピーがそんな顔をしていたのを良く覚えています。

綿棒よりも、こうしてコットンやガーゼを水で十分にぬらして
ダイレクトに目やにを取ってあげるのがいいようです。
以外にもチャッピーは嫌がりませんでした。

目やに対策に、目薬を2種類もらい
目薬を一日2回さすのも、日課になりました。

e0225144_1230251.jpg



寝たきりになって、一番心配したのが『床ずれ』でした。

寝たきりになったわんちゃんの床ずれというのを、見た事がなかったので
初期症状を見逃すまいと、骨だらけになってしまったチャッピーの身体を
毎日毎日、毛をかきわけて探しました。

ある日、顔の骨のところが2ミリほどピンク色になっているのを発見!!

ネットでわんちゃんの床ずれを調べている時に見つけた
アロマオイル活用方をやってみました。

ベースオイル(ホホバ油・アーモンド油など)20mlに
ティーツリーを8~10滴ほど混ぜたものを、ピンク色になった皮膚に塗布するというものです。
刺激が強すぎるのが心配だったので、私は少量の水を混ぜたものを使いました。

それと平行して、さらし木綿で『ミニミニドーナツ枕』を作りました。

うちの娘たちが赤ちゃんの頃に使った『ドーナツ枕』からヒントを得て
さらし木綿を棒状にして、わっかを作るというすごく簡単なものです。
高さは、棒の太さを調節すればいいので
何度か作り直して、チャッピーにフィットする高さのものを作る事が出来ました。
(写真がなくて残念です・・・)

すると、2日ほどで顔のピンク色になった皮膚がキレイになくなっていました。

その後もアロマオイルの方は、チャッピーが布団の中のおしっこシートにおしっこをした時に
市販のシャンプータオルで拭いた後、お湯でさらに薄めたものでタオルを絞り身体を拭きました。
ティーツリーというアロマオイルには殺菌作用があるようです。
香りもとても良く、すごく気に入りました。

娘たちの赤ちゃんの頃・・・といえば、お布団のこと。

チャッピーが寝たきりになった時にはまだ季節が寒い時期だったので
何を使ってあげたらいいか、押入れをガサゴソしている時に見つけたのが
娘たちが赤ちゃんの時に使った『赤ちゃん布団』でした。

もう二度と使う事もないだろうと、何度も捨てようとしたのですが
あまりにもキレイな状態だったので、使用目的もないままに押入れに眠っていたものです。

これは軽くて温かく、痩せて骨だらけになったチャッピーにはピッタリでした。
おまけにサイズもピッタリ!

何でもちゃんととっておくものですね(笑)
いつどんな事に役立つか、わかりませんね。

チャッピーの体位変換や、おしっこシートの取替えの時に
私は自分の両手をチャッピーの身体の下に滑り込ませ

『いっち に~の~ ちゃぁ~ん!』 ← ※1・2の3の意

と言いながら抱き上げました。

娘たちはそれがおかしかったらしく、良く私の真似をしていました。

『ちゃぁ~ん!』のところだけ、みんなで声を揃えては大笑いです。

こんな些細な、小さなところに、実は家族の大きな幸せがあるのだと
私たちは、物言わぬチャッピーに教えてもらっていたのですね・・・。

本当にありがとう!チャッピー!


【次回に続く・・・】
[PR]

by wanwan-memory | 2011-06-08 11:07 | neneの独り言

倒れた日からの事②

前回の記事からの続きです。


4月10日(日)
この日は1日、苦しそうな状態が続きました。
比較的に呼吸が荒く、足をつっぱっているような様子。
夕方5時頃に、痙攣が起きそうになったので注射を使用しました。
あとは、覚醒している時にポカリスエットや水を飲ませ、
食事は水で溶いた栄養剤(すべてシリンジを使用)

4月11日(月)

この日は、粉薬がなくなってしまったので
予約をとってかかりつけの動物病院へ。
薬の量と身体の状態を確認するために、半日入院して
夕方6時にお迎えに行きました。

粉薬だけで安定する事がわかったので、足の管(針)をはずしてもらいました。

その後、夜はわりと安定していて
目を開けている時に、少々震えがありましたが
それは痙攣ではなく、チャッピーが身体を動かそうとしているのだと
病院の先生がおっしゃっていました。

e0225144_13103382.jpg


↑ 私がシリンジで水を飲ませているところです。

4月12日(火)

この日からしばらくの間は
早朝5時と夕方5時の1日2回、粉薬を飲ませれば
安定した日が続いていきました。

私はなんとなく

『先生はあと1週間はもたないでしょうとおっしゃったけど
 案外、こんな調子でお薬さえ切らさなければ大丈夫なのかも。。。』

そんな風に思えてきていました。

e0225144_13135543.jpg


↑ 長女に抱っこされて、ちょっと甘えたお顔のチャッピーです。
 『なーに?また写真?』 なんて思っていたのでしょうか?

e0225144_1316760.jpg


↑ 家族の中ではチャッピーと一番仲良しだった長女に抱っこされて幸せそうだね!
  覚醒している時間に長女と一緒にいると、こんなに元気そうに見えます。
  写真だけみていると、とても具合が悪いようには見えません。

4月14日(木)

この日、チャッピーは長年暮らした1階の玄関先から
私たちが寝ている部屋(2階)にお引越ししました。

前の晩、チャッピーに付き添いながら
うとうと1時間ほど眠ってしまった私。
きっとよほど無理な姿勢だったんでしょう、足を痛めてしまいました。
これでは介護する方がダメになってしまうと思い、お引越しする事に。

私のすぐ手の届くところに、チャッピーの布団を敷きました。
すると、次女が自分の布団を持ってきて一緒に寝ると言い出し
結局川の字になって寝る事になりました(^m^)

この日から22日まで、痙攣が起きる事もなく
何事もなく、穏やかな数日間が過ぎていきました。

夜は次女と、仕事から帰ってきた夫とで
チャッピーのマッサージが日課になりました。

e0225144_13502585.jpg


↑ 次女の布団でマッサージの休憩中

おしっこがたくさん出た時などは
夫と娘たちとで、チャッピーをお風呂に入れてくれた日もありました。
(もちろん、片付けは私です・・・笑)

マッサージの途中でう○ちが出たりすると
仕事中の私に、う○ちの写メが送られてきた事もありました。


そして私は、チャッピーに食事(病院の缶詰と栄養剤)を与えている時にふと

『犬生の最期の時に、こんなものばかりじゃ可愛そうだ!』と思い

無類の麺好きだったチャッピーに
おうどんをくたくたになるまで煮て(箸ですくえなほど)
もちろん、煮干と鰹節のおだしを使い
さらに包丁で細かくして、チャッピーに食べさせてみました。

最初の日は1本(笑)
もっと欲しそうにしていましたが、また吐いてしまっては可愛そうなので
様子をみました(大丈夫でした!)

すると、それを見ていた夫が
これまた、チャッピーの大好物の鶏肉とキャベツと人参を
コトコト煮込んで、さらにミキサーにかけたものを作ってくれました。
もちろん、これも喜んで食べてくれました。

でも、夫には内緒なのですが
実はチャッピー、おうどんの方が喜んでいたのです!
つるんとした食感が食べやすかったのでしょうかね~

言えば、せっかくチャッピーのためにと作ってくれた夫は
きっとガッカリするのでは・・・と、いまだに内緒にしております(笑)

ちなみに、病院の先生の話だと
この状態のチャッピーには、固形物を食べさせても全部水分となってしまい
身体に吸収はされないそうです。

でも、最期の時に好きなものを食べさせてあげたいと伝えると

『そうしてあげて下さい。でも喜ぶからっていきなりたくさんあげてはダメですよ。
 そして、栄養剤もあげるようにして下さいね』

そうおっしゃっていました。


今、思い出してみても
チャッピーにとっては、身体の辛い日々だったかもしれないけど
毎日毎日、家族みんなでチャッピーを囲んで賑やかで楽しかったな。。。

若い頃はお留守番が多くて、ずいぶんと寂しい思いをさせてしまったね。
ごめんね、チャッピー。

でも、チャッピーがいつもそこにいてくれて、いつも待っててくれて
だからこそ、私たち家族は幸せに過ごせてきたんだと
今頃になってわかったよ。

本当にありがとね、チャッピー。


【次回につづく・・・】
[PR]

by wanwan-memory | 2011-06-04 14:36 | neneの独り言

倒れた日からの事①

喘息を併発し、体調最悪だった先週ですが
CT検査の結果を聞きに行ったところ、異常なしとの事でした。
(ほっ・・・)

CT検査をするにあたり、かかりつけの先生からは
最悪の事態の入院先だとか、手術の事だとか、そんな話まで出たので、
正直、いよいよ覚悟を決めなきゃいけないか・・・なんて思ってしまいました(笑)
何事もなくすんでほんとにほっとしています。
でも、年齢的にも定期的なCT検査は必要ですね。
自分の身体は自分で守らなきゃ・・・です!

*************************************************************

さて、今日からはチャッピーが倒れた翌日からの事を書こうと思います。

倒れた翌日からチャッピーを見送った日までの事をブログに書いたら
自分の気持ちに少しは区切りがつくのかな・・・という思いと
書き終わってしまったら、もう何もなくなっちゃうんじゃないか・・・という思いが交差し
なかなか進みませんでしたが、どうしても日記に残しておきたい事もあるので
やっぱり書く事にしました。

4月8日(金)
前日に病院から痙攣止めの座薬を3個もらい、この日は家で様子をみる事に。
ずっと眠ったままのチャッピーですが、時々目を開けるので
水を飲ませたり、抱っこしたり、体位を変えてやったり。

夕方になって完全に覚醒したのですが、身体はぐったりしていて
どこにも力が入っていない、本当に『寝たきり』の状態になりました。
前日に病院からもらってきた医療用缶詰フード(ペースト)195gを完食!
e0225144_1234685.jpg


小さなスプーンで次女に上手に食べさせてもらって・・・幸せそうなチャッピーです。

e0225144_12355127.jpg


『もっともっと食べたいよぉ~!』とばかりに、タオルをガジガジ。

ところが、その後8時と10時に食べたものを全部吐いてしまいました。
どうやら、昨日から何も食べていなかったのに急にいっきに食べてしまったので
胃袋がビックリしてしまったらしいです。(後に先生がそうおっしゃっていました。)

その後深夜になり、痙攣が起きそうになったので座薬を入れましたが
すぐにう○ちをしてしまったので、たぶん薬も一緒に排出されてしまったと思われますが
やっとどうにか眠りにつきました。

4月9日(土)
お昼前に痙攣を起こしたので、長女の運転で病院に。

様子をみた先生が
『あと1週間はもたないでしょう・・・』 そうおっしゃいました。

私の心臓はバクバクと音をたて、膝はガクガク。
頭は真っ白になり、もう何も考えられない状態でした。

それでも、先生にもうだめなものなら病院ではなく家で家族で看てあげたい旨を伝えると

痙攣止めの注射と水で溶いて飲ませる栄養剤をくれました。

e0225144_131979.jpg


倒れた時に行った救急病院で、後ろ足に点滴を入れるための管(針)を
入れてくれて、それをそのままにしてテープを巻いてあったので
自宅で痙攣が起きたら、この注射をそこから入れるというものです。

情けなくも、私はその時呆然自失状態だったので長女が先生からやり方を教わりました。

e0225144_1382585.jpg


↑ こちらは、水で溶いてシリンジで飲ませる栄養剤です。

とにかく、常に病院の医師と連絡を取り合って
チャッピーの状態を確認してもらい、指示を仰ぎながら家族で看病していくという
初めての経験に不安をいっぱい抱えながら
もう本当に最期になるであろう、チャッピーとの時間を1分でも1秒でも大事にしなければと
心にきざみつた私でした。


・・・・・・・・・・・長くなってしまったので、今日はここまでにします。
長文にお付き合い下さったお友達のみなさま、本当にありがとうございました!
[PR]

by wanwan-memory | 2011-05-29 13:33 | neneの独り言

初めての月命日

昨日、23日はチャッピーの初めての月命日でした。

その月命日を迎えた日に夫が初めて私に言いました。

誰もいない家に帰って来て、鍵をあける瞬間、
チャッピーがもういないんだという事を改めて思い、一番寂しく思うのだと・・・。

私と同じ事を思っていたんですね。
それを聞いたとたんに涙があふれてしまいました。

あの日から1ヶ月経ち
私は自分の体調が悪く寝込んでしまう事が多かった事もあってか
以前ほどは泣かなくなってきました。
でも、心の寂しさや苦しさはちっとも変わりません。

1日中、チャッピーの事ばかり考えています。

『チャッピーは私たち家族とはお別れしたけれど、不自由さから解放されて身体はうんと楽になったんだ!』

『犬として生まれてきたのだから、私たちよりも早く逝ってしまうのは最初からわかっていた事なんだ!』

『我が家の一員としてきっちり役目を果たし終え、家族に見守られて天寿をまっとうしたんだから
 幸せな一生だったんだ!』

今はそんな風に自分に言い聞かせるようにしています。

e0225144_3183839.jpg


今日はチャッピーが我が家の一員になった日の事を書こうと思います。

それは平成4年、2月
長女が小学校2年生、次女が1年生になるちょっと前の事でした。

長女の保育園時代のお友達のお母さんから電話をもらい

『うちのポチに赤ちゃんが生まれたの、すっごく可愛いから見においで~!』

その言葉に、私と娘2人はわくわくしながらすっ飛んで行きました。

すると、そこには真っ白な子犬が3匹と茶色の子犬が1匹。
『キューン、キューン』と可愛らしい声で鳴いて、私たちを出迎えてくれました。

生後2週間くらいの頃だったと思います。
中でも茶色の子犬は格別に可愛かった~!
抱き上げると、その手をペロペロなめてくれました。

この瞬間に、その茶色の子犬が我が家の家族になる事が決まったわけです。
(あくまでも、私の心の中だけですが・・・)

娘たちは当然
『ねぇ~犬飼いたいよぉ~この茶色の子ほしいよぉ~』 と言います。

しかし私は自分の心とは裏腹に

『あのね、うちはお店屋さんしてるからね、犬は飼えないよ。
 お婆ちゃんもパパもきっとダメって言うよ。』

娘たち『えぇ~~~~~~!お願いだから!ちゃんと面倒見るから!』

私『じゃ、おうちに帰って聞いてみよう。でももしダメって言われたらあきらめるんだよ。』

・・・とは言いつつ、私は心の中で
義母と夫をどうやって説得しようかを考えていたのです (^^)v えへへ053.gif

ところが、この交渉は私の予想に反して以外にも簡単に成立しました。
可愛い孫のためなら、どんな時でもすぐ優しいお婆ちゃんになれちゃうわけですね(笑)

パパからは
『お散歩もご飯もすべての世話を責任を持って面倒をみなさい』 と釘を打たれ

娘たち『はぁ~い!がんばりまぁ~す!』 

私は心の中でガッツポーズ066.gif 

e0225144_4323185.jpg


↑ この写真は生後2ヶ月くらいの頃だったかな。

当時、それはそれはもう毎日がチャッピーの争奪戦でした。

ご近所のみなさんにも大歓迎され、目の前の工場のおじさんは
チャッピーの成長に合わせ『チャッピーのいえ』と表札のついた木製のハウスを3個も作ってくれました。

私の家は小学校の通学路に面していたので
学校の行き帰りの子どもたちにも、うんと可愛がってもらいました。

そうして、チャッピーは我が家のかけがえのない家族になっていったのでした。
[PR]

by wanwan-memory | 2011-05-24 04:35 | neneの独り言